おこわシリーズ

赤飯おこわのこだわり

一、 洗わずに使えるもち米、下ごしらえした豆、豆から抽出した自然な色の煮汁、
ごま塩がセットになっています。
二、 炊飯器に入れて炊くだけで、簡単に赤飯おこわが作れます。
三、 こだわりの北海道産もち米を使用しています。(無洗米)

ふだんの食卓に、ご家族のお祝いに、炊きたてのお赤飯をどうぞ♪

おいしい赤飯おこわの作り方

おいしい赤飯おこわの作り方

  • 炊飯器にぜんぶ入れて

    イメージ

  • 炊飯します。

    イメージ

  • 炊きあがったら
    よく混ぜて5〜10分蒸らしてできあがり

    イメージ

今日はちょっとこだわりたい!蒸し器での作り方

  • ボウルに水を180㎖入れ、
    そこにもち米と煮汁を入れる。
    そのまま30分つけ置きする。

    イメージ

  • 蒸し器にぬらした蒸し布をひき、
    そこに米を平らに入れる。
    上から、豆を均一になるようにのせ、20分蒸す。

    イメージ

  • ボウルに水を2ℓ、塩を20g入れ、塩水をつくる。
    蒸し布を持ち上げ、そのまま塩水に30秒程つける。
    塩水からあげたら軽く水をきり、再度蒸し器に広げる。
    そのままさらに10分蒸す。

    イメージ

  • 蒸し上がったらボウルなどにうつし、余分な水分をとばす。
    お好みでごま塩をふって、できあがり。

    イメージ

イメージ

開発秘話

イメージ

赤飯おこわは作るものではなく、買うものだった時代

炊飯器の普及により、家庭でおこわを作ることが珍しくなってきた当時、家庭でのお祝い事があると百貨店などで赤飯おこわを買って帰る人が多くいました。
しかし、百貨店で購入したおこわは、持ち帰るまでにどうしても冷めてしまい、再度温めなおして食べることになります。そんな様子を見ながら、一番良い状態のものを家庭で食べることができたらいいのにという強い想いがありました。
そこで、イチビキの強みである「豆」を使って家庭でも手軽においしいおこわが食べられる商品の開発がスタートしました。

ご家庭でも、炊きたてのおいしさを実現するために

「炊きたてのおいしさ」「家庭で炊飯できる手軽さ」を追求するために様々な検討を重ねました。
特に苦労したのがもち米で、当時うるち米の無洗米がやっと製造され始めたころであり、その時はもち米の無洗米というものがまだありませんでした。ご協力いただける企業様との出会いを求め全国各地をまわり、やっとの思いで無洗米のもち米を製造することができました。
もち米の品種も、全国各地の様々なもち米の中から色や味、香り、赤飯にしたときの見た目、食感などにこだわり抜き、厳選したもち米を使用しています。

イメージ

現状に満足せず、追求し続けて

そんなこだわりぬいた「赤飯おこわ」ですが、実は発売直前まで煮汁のついていない商品でした。下ごしらえした豆をお客様自身が鍋で煮て、煮汁を作っていただくというものだったのです。試作品のモニター調査では、既に90%以上の満足度を得ていましたが、『もっと手間を減らすことはできないか?』『誰でも簡単に、きれいな色でおいしそうな赤飯を作ることのできる便利なものにできないか?』と考えました。その結果、自社で煮汁を抽出するということにたどり着いたのです。
その煮汁まで、皆様に安心して召し上がっていただけるよう、着色料などの添加物は使わずに自社で抽出をしています。

赤飯おこわを知りたい方はこちら

CM イチビキ簡単おこわシリーズ

赤飯おこわを使ったレシピ

シリーズ商品

他のレシピも見る。レシピ一覧

イチビキブランドサイト

BRAND WEBSITE

  • 密封ボトルしょうゆ
  • 献立いろいろみそつゆ
  • 生だしつゆ・白だし
  • 燻香だししょうゆ
  • カネカ