新着情報

愛知県豊川市に「ふるさと納税返礼品」として
イチビキ製品詰め合わせセット10万円相当を寄贈しました

プレリリース

2020.03.31

イチビキ株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:中村光一郎)は、2020年3月27日(金)に第1工場のある愛知県豊川市役所の竹本幸夫市長を訪問し、2020年度の豊川市ふるさと納税返礼品として、豊川市で製造したみそを含む「イチビキ 愛知の味わい詰め合わせセット」10万円相当を寄贈しました。

 

イチビキは、2020年3月27日(金)に愛知県豊川市役所の竹本幸夫市長を訪問し、代表取締役社長中村光一郎より返礼品の寄贈について報告しました。イチビキは、豊川市御油町で第1工場を操業しており、「豊川市に工場を持つ企業として地元に対して何かできないかと考えました。これからも協力していきたい。」と、地域貢献の一端としてふるさと納税の納税返礼品への寄贈を企画しました。

今回の返礼品「イチビキ 愛知の味わい詰め合わせセット」は、1セット4,000円相当で、2020年度は25セット10万円相当を寄贈します。本セットには豊川市の第1工場で製造された、極みそ500g、献立いろいろみそ450gが含まれています。

 

返礼品の内容

 ◆イチビキ 愛知の味わい詰め合わせセット

極みそ500g 1個、献立いろいろみそ450g 1個、卓上生さしみ溜200ml 1個、赤から鍋スティック1人前4入り 2個、らくらく炊きたて赤飯おこわ2合用 2個

 

イチビキについて

イチビキの歴史は1772年(安永元年)、幕府の醸造株をもとに愛知県で豆みそ・たまりしょうゆの醸造をはじめました。1919年(大正8年) 4月23日に愛知県豊川市で大津屋株式会社を設立、1961年(昭和36年)に社名をイチビキ株式会社に変更し、今日に至ります。

第1工場(豊川市御油町)にある、日本最大の木製の味噌仕込桶「丈三(じょうさん)」は、「とよかわブランド」に認定されています。

創業時から造り続けている豆みそやたまりしょうゆをはじめ、現在では、献立いろいろみそ、無添加国産しょうゆ、ストレート赤から鍋スープ、赤飯おこわなど、醸造技術と食品加工技術を活用して、バラエティ豊かな製品を製造しています。

お客さまに選んでいただける製品を日々お届けし、皆さまの笑顔あふれる食卓に貢献してまいります。

 

一覧に戻る