メインコンテンツに移動
 

こいくち、うすくち、たまり、再仕込みと様々なしょうゆを取り扱っております。

一般的なしょうゆの種類

こいくちしょうゆ うすくちしょうゆ たまりしょうゆ 再仕込みしょうゆ 白しょうゆ
色合い こいくちしょうゆ うすくちしょうゆ たまりしょうゆ 再仕込みしょうゆ 白しょうゆ
原料
(大豆:小麦)
1:1 1:1 ほぼ大豆 1:1 ほぼ小麦
食塩分 16〜17 18〜19 16〜17 12〜14 17〜18
特徴 バランスのよい味
強いしょうゆ香
色や香りが控えめ
塩分が高い
濃い色、濃厚な旨味
穏やかな香り
色、味、香りともに濃厚 味は淡白で甘味が強い
独特の香りを持つ
こいくちしょうゆができるまで図

代表的なイチビキしょうゆの比較

旨み成分×色

旨み成分×色の分布図
たまりしょうゆの比較

味覚センサー

味覚センサーグラフ

こだわりしょうゆ

用途にあわせたしょうゆをご提案いたします。

原料にこだわったしょうゆ

  • 国産しょうゆ
  • 丸大豆しょうゆ
  • 有機しょうゆ
  • 燻香だししょうゆ
    椎、樫の燻香とだしの旨みが料理を引き立たせます。

製法にこだわったしょうゆ

  • 小麦を使わない丸大豆しょうゆ
    小麦不使用のグルテンフリーしょうゆ。丸大豆の濃い旨みが味わえます。
  • 再仕込みしょうゆ
    食塩水の代わりに生揚げしょうゆで仕込んだしょうゆ。食塩分が低く、旨みが強い。
  • 減塩しょうゆ
    食塩分が9%の減塩のこいくち本醸造しょうゆ。

うす色にこだわったしょうゆ

  • GUしょうゆ
    素材の色を活かし、旨みやだし効きを良くしたい料理に最適なうす色しょうゆです。
白しょうゆとの比較 / 同等のうすい色合い / 旨み成分が多い / 旨み成分(全窒素分)の比較グラフ
  • うすいろたまり
    たまりの特徴を持つうす色しょうゆです。素材の色を活かし、旨み・甘みが引き立ちます。

たまりしょうゆの特徴

たまりしょうゆは主に東海地方で作られています。
豆みそをつくる過程で、にじみ出た液体だけを取り出したのがはじまりといわれています。
たまりしょうゆは古くから「さしみたまり」と呼ばれるように、寿司、刺身の卓上しょうゆとしても使われてきました。

濃厚なコクと旨み

各種調味料、つゆ、タレの原料に
通常のこいくちしょうゆと比較して、全窒素分が多く、コク・旨みが強いしょうゆです。
 

旨み成分(全窒素分)の比較グラフ / たまりしょうゆ / こいくちしょうゆ / 旨み成分(全窒素分)がこいくちしょうゆの約2倍

素材を硬くしない

佃煮、煮物に
たまりしょうゆを用いて貝類、肉、魚を煮ると素材を硬くすることなく柔らかく仕上げるため、昔から佃煮などに使用されてきました。

煮加熱による貝の硬さの変化グラフ / 水煮後しょうゆ煮 / 水煮後たまり煮 / 水煮 / 生

照り、つや出しに効果

焼きおにぎり、みたらし、おせんべいに
糖分(直接還元糖量)が多く、こいくちしょうゆと比べて照りつやが出やすいです。また粘度が高いため、素材の表面にのりやすく、照りがよくなります。

同じ食塩濃度あたりの直接還元糖(%)の比較 / たまりしょうゆ /こいくちしょうゆ

赤みがあり、料理を鮮やかに

料理を色よく仕上げます
濃い色合いが特徴のたまりですが、薄めると赤みのある色合いに仕上がります。

たまりしょうゆを使用した鶏の照り焼き
こいくちしょうゆを使用した鶏の照り焼き

穏やかな香り

素材の風味を生かします
こいくちしょうゆと異なりアルコール発酵が少ないため、クセのない穏やかな香りが特徴です。

容量・容器について

コンテナ(1KL)、20L、10L、1.8L、
卓上用の密封ボトルしょうゆ(450ml、200ml)、
小袋しょうゆなどの荷姿商品がございます。

おいしさスマイル イチビキ