こだわりの贅沢だし

厳選した枕崎産のかつお節、さば節、そうだ節、むろあじ節に、長年しょうゆを作り続けてきたイチビキのたまり醤油を合わせました。
濃厚なだしの旨みとたまり醤油のコクがきいているので、ごはんが進むしっかりとした味付けができます。

\使いやすくなりました!/

量が調節しやすいボトルです。
くびれを押して、量を調節できます。

イチビキの想いが
たくさん詰まった

献立いろいろつゆの
開発ストーリー

「もっと使いやすく、だれでも簡単に
使っていただける調味料を作りたい!」

そんな想いからうまれました。

昭和35年(1960年)、家庭でしょうゆとだしを合わせて調理することが一般的だった時代、イチビキは、しょうゆにだしを入れた「つゆの素」という画期的な”即席調味料”を発売しました。

平成のはじめには、時代の変化とともに、もっと使いやすく、だれでも簡単に使っていただける調味料が必要になるとの予測のもと、「つゆの素」よりも便利に、だしやみりんを加えなくても、これ1本でいろいろな料理が作れる調味料を生み出したいという想いで新たな開発を始めました。

斬新なアイデアと、社員の努力の結晶

平成5年(1993年)、絶妙の割合でしょうゆにだしと甘さを加えた調味料「献立いろいろつゆ」が誕生しました。

発売時には、簡単にいろいろな料理に使えることを知ってもらうため、33種類の料理レシピを掲載したメニューブックを添えました。そのメニューブックに載せるメニューも、商品を企画した社員たち自ら考案し、調理から料理写真の撮影、メニューブックの作成までを行いました。これは、当時としてはかなり珍しい試みだったそうです。

平成16年(2004年)、お客様の声を活かして、味やデザイン、お料理での希釈倍率などの見直しを行いました。その際、店頭でも目立つおなじみの黄色いラベルに生まれ変わりました。

令和元年(2019年)、もっとおいしくもっと便利に、という想いから、だしの旨みが際立つ味わいと使いやすいボトルにリニューアルを行いました。

献立いろいろつゆは現在もたくさんのお客様にご愛顧いただいており、社内では「献(こん)つゆ」「献立(こんだて)つゆ」という愛称で呼ばれるイチビキの代表商品のひとつです。

イチビキブランドサイト

BRAND WEBSITE

イチビキブランドサイト

BRAND WEBSITE